自動車保険情報の「自動車保険について知ろう」です。

自動車保険についての知識

車 保険自動車を購入した時には車の保険に加入をするようになりますが、自動車保険には自動車損害賠償責任保険と強制保険以外に当事者の自由意思により加入する保険である任意保険の2種類があります。自賠責保険は車を運転する方は必ず加入しなければならない保険で、自賠責保険の目的は被害者の救済が主となっており、自賠責保険の補償は対人賠償のみの補償となっています。
よって、自賠責保険の加入だけでは、万が一自分が加害者となって交通事故を起こしたような場合、相手の自動車の修理代を保険会社から補償してもらうことができないということです。自賠責保険の支払い限度金額は、相手が亡くなった場合に3,000万円、怪我をしてしまった場合に120万円、機能障害や神経症状などの症状や障害が残ってしまったような場合に75万円〜4,000万円となっているようです。

車 保険強制保険以外に当事者の自由意思により加入する保険である任意保険は、自賠責保険では賠償することができない人に対しての治療費や、車に対しての修理費を補うための保険となり、自動車を運転している方の多くは、自賠責保険と任意保険の2つに加入しています。
自動車保険に加入をする時に、保険料の安さで比較されるという方もいらっしゃると思いますが、そのような方はどのような場合に保険料が高くなったり安くなったりするのかをご存知でしょうか。保険料が高くなる方の条件としては、10代から30代くらいまでの若年齢層の方で、運転免許を取ってまだ日が浅いため経験がないので事故を起こしやすいという理由や、無謀な運転をしやすいという理由などがあります。

その他にも違反を多くしている方や、普通の自動車よりもスピードが出やすいスポーツカーの運転をされる方、高級車や改造車の運転をされている方などです。スポーツカーはスピードが出やすいため、事故に遭遇する確率が高いと保険会社には判断されます。また、高級車は盗難の可能性が高いという理由から保険料金が高くなってしまいます。
保険料が安くなる方は、5年間無事故・無違反であるゴールド免許を持っている方や、エアバックや衝突安全ボディなど事故にあった時に車両の被害が少なくてすむような安全装備が整っている車に乗っている方、盗難防止装置などがつけられている車の運転をされる方などとなります。では次に、自動車保険の選び方や通販型自動車保険についての詳細についてお伝えしていきましょう。